FANDOM


Olympian Gods

ギリシャ神話では、オリンピック選手は、オリンポス、ギリシャで最も高い山の頂上に住んでいたギリシャのパンテオンの主要な神々である。しかし、聖闘士星矢は、わずか12の最も強力な神々が記載されている。

ゼウス、天空の神。 (彼は漫画やシリーズで見られていない)。彼はハデスとポセイドンの弟。
ポセイドン、海の神。彼の初登場は、ジュリアン·ソロの本体にあった。彼の本当の体は見られていない。彼はハデスとゼウスの兄の弟。
ハーデス、冥界と富の神。彼は最初の旬の本体にハデスのサガに登場し、彼の本当の体はシャンゼリゼ通りに見られた。彼はポセイドンとゼウスの兄。
アポロ、太陽と芸術の神、彼はアテナの兄とアルテミスの弟。
アルテミス、月と狩りの女神、彼女はアテナとアポロの姉。
アテナ、戦争と知恵の女神。
アレス、戦争の神。

天帝ゼウスを筆頭とする十二の神々。海皇ポセイドン、冥王ハーデスはゼウスに次ぐ存在。その他にはゼウスの娘である地上の女神アテナ、アテナの姉で月の女神アルテミス、アテナの兄で太陽の神アポロンの存在が明らかになっているまた、聖闘士星矢大全144ページでは、ヘラ、デメテル、アフロディーテ、ヘパイストス、ヘルメス、ヘスティアの名が記載されているため十二神に入っている可能性がある。</ref>。神話における十二神はオリュンポス十二神を参照。