FANDOM


白銀聖闘士の中でも屈指の実力者で[1]、一連の白銀聖闘士戦で最大の難敵とされる[2]。聖衣は、ギリシア神話で怪物メドゥサの首で海の魔物を石化した英雄ペルセウス同様、視線で相手を石化する能力を持つ「メドゥサの盾」を備えている。普段、盾は背中に装備されているが、戦闘では左手に装着する。一輝ダンテカペラ以上の小宇宙の持ち主と、自らも二人とは違うと評するほどの実力者[3]

ダンテ、カペラと共に日本へ派遣され、氷河を石に変え、紫龍の左半身を石に変えることに成功するが、「メドゥサの盾」を見ないように両目を潰した紫龍の廬山昇龍覇によって敗れた。

アニメでは、聖域へ偵察に向かった星矢たちと地中海の小島でシャイナ、スパルタンと共に闘いを繰り広げ、瞬と星矢を石に変える。紫龍との闘いの中盤に鋼鉄聖闘士の乱入もあったが、後の敗北までの展開は原作同様[4]

原作では不敵な自信家というだけであったが、アニメでは聖域からの脱走者に死を宣告する容赦無さと、許しを請う脱走者を見逃すふりをしつつ石に変え、しかもその一人は頭を握り潰し殺害するといった残忍さ、アイオリアに傲慢な態度で接する邪悪さも見せている[5]。性格描写は原作とアニメでかなり異なるが、実力の強大さは共通して描かれている。

OVAでの動向はダンテを参照。生前敗れた紫龍と拳を交えるものの[6]、すでに白銀聖闘士を超越するほど成長していた紫龍の前に再び敗れ去った[7]

公式書籍『アニメ・スペシャル3』上で発表された人気投票では、アイオリアと同票で、男性の白銀聖闘士で唯一20位以内にランク入りしている[8]


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません