FANDOM


冥界めいかい(ラテン文字:Inferno;国際音声記号:/inˈfɛrno/)死後の世界。8つの獄(プリズン)をはじめとする多数の地獄が広がっており、死者は生前の罪に応じた地獄に落とされ、永遠の罰を受けるとされる。中でも最奥の第八獄コキュートスは、神に抗った大罪人が落ちる氷地獄であり、過去の幾多の聖戦で、冥界の神であるハーデスに刃向った多くの聖闘士たちが永遠の罰を受けている。 死者は冥界の掟に縛られてハーデスに抗うことなどできないため、星矢たちが冥界へ向かってハーデス軍と対等に戦うためには、小宇宙の究極・セブンセンシズをも超えるエイトセンシズに覚醒し、死ぬことなく生きたまま冥界へ向かうことが必要とされた。

地獄じごくもん編集

La Porte de l'enfer
(ラテン文字:La Porte de l'enfer;国際音声記号:/la pɔʁt də lɑ̃fɛʁ/)

神曲地獄篇は、作者にして主人公のダンテが古代ローマの詩人ウェルギリウスに導かれて、地獄を巡るという内容である。「地獄の門」は、この地獄の入口にかかる門であり、『神曲』地獄篇第3歌の冒頭は、門の頂に記された銘文から始まっている。和訳は山川丙三郎訳より。

ΟΠΟΙΟΣ
ΜΠΑΙΝΕΙ ΕΔΩ
ΝΑ ΠΑΡΑΤΑ ΚΑΘΕ ΕΛΠΙΔΑ
ここに人る者
一切の希望を全てよ

アケローンかわ編集

(ラテン文字:Acheron;国際音声記号:/ákʰéɾɔːn/)