FANDOM


プロフィール
ライオネットのバン
子獅子星座の蛮
100px
階級:青銅聖闘士(ブロンズセイント)
守護星座:子獅子星座(ライオネット)
年齢:15歳
出身地:日本
身長:181cm
体重:83kg
誕生日:12月30日
血液型:B型
修行地:タンザニアキリマンジャロ
技:ライオネットボンバー
声優:掛川裕彦
今村直樹(OVA版)
  

子獅子星座(ライオネット)の蛮(バン)

人物 編集

通称ライオネット蛮。頑丈さが身上とされるが[1]、その他は特筆すべき特徴も出番もないキャラクター[2]。銀河戦争時点では本名ではなく単に「ライオネット」と呼ばれていた。銀河戦争では邪武に完敗したためにセリフも活躍の場もまったくない。それ以降は邪武同様に再修業を受けており、サガの乱の際に再び合流。ようやく拳を振るう場面と初のセリフがあった。

アニメの銀河戦争では邪武を血反吐を吐くまで痛めつけるなど、それなりに闘う場面はあるものの、邪武の反撃の前にやはりセリフがないまま完敗[3]。後に星矢紫龍の闘いで、仮死状態となった紫龍を蘇生させようとする星矢のもとに市や檄と共に駆けつけて応援の言葉を贈り、これが初のセリフとなった[4]

原作の銀河戦争時にはほかの青銅聖闘士たちと比べて平均的な身長であったが、アニメではに次ぐ長身として描かれており[5]、原作でも十二宮編、ハーデス編後期と時が経つに従い、檄に並ぶほどの体躯として描写されるようになった。

聖衣のオブジェ形態のモチーフとなっている子獅子は、子供のライオンと言うよりはどちらかというと想像上の獅子(狛犬の対となる神獣)とも沖縄のシーサーとも取れる姿をしている。

必殺技のライオネットボンバーは、敵に強力な体当たりを浴びせる技である。

脚注 編集

  1. 車田正美 『聖闘士星矢車田正美ILLUSTRATIONS 宙(SORA) 車田正美漫画家生活30周年記念企画』 集英社、2004年、40頁。ISBN 978-4-08-782072-0
  2. 週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢アニメ・スペシャル』2、集英社〈ジャンプゴールドセレクション〉、1988年、129頁。
  3. テレビアニメ第1-2話。
  4. テレビアニメ第5話。
  5. テレビアニメ第1-12話、Bパート・アイキャッチなど。