FANDOM


プロフィール
ヒドラのイチ
海ヘビ星座の市
Ichi1
階級:青銅聖闘士(ブロンズセイント)
守護星座:海ヘビ星座ヒドラ
年齢:14歳
出身地:日本
身長:170cm
体重:56kg
誕生日:2月10日
血液型:B型
修行地:フィンランド・ホルツ湖
技:メロウポイズン
声優:平野正人(テレビ版)
小野坂昌也(OVA版)
  

海ヘビ星座ヒドラ)の市(イチ)

人物 編集

通称ヒドラ市。「勝敗は常に顔で決まる」と言い放つニヒルな性格の持ち主。しかしモヒカン、瞼が黒いと異相である。蛇ののたうつような不気味な拳を放つ。銀河戦争1回戦で、氷河と激突。両手と両膝からのヒドラの毒牙を浴びせるが、白鳥星座の聖衣の前に遮られ、ダイヤモンドダストを受けて敗北。以後の動向は邪武同様。蛮同様に十二宮編まで本名は不明で、銀河戦争では単に「ヒドラ」と呼ばれていた。

ハーデス編では雑兵たちの監督役として振舞い、雑兵からは「ヒドラの市さま」と様付けで呼ばれ、この頃には語尾に「~ざんす」が付くなど口調が変化していた。OVAでは、かつて敗北を喫した氷河に対し、自分以外の者に倒されることを許さないと、涙しつつ鼓舞激励した[1]。天界編序奏でもシャイナの部下として聖域を警備していた。

ヒドラの聖衣には拳やニーパットに毒の牙が隠されており、神話のヒドラの首のごとく無限に再生する。メロウポイズンとはこの毒牙攻撃のことで、当初は技の名がなく、作中でも単に「ヒドラの毒牙」などと呼ばれ、後に名付けられた[2]。十二宮編ではこの技で雑兵一人を倒している(この時言い放ったのが冒頭のセリフである)。

リュムナデスのカーサキャンサーのデスマスクと並んで笑いのネタにされることの多いキャラクターである[3]


海ヘビ星座 ★ HYDRA 編集

HydraConst

うみへび座

海ヘビ星座「うみへび座」は、トレミーの48星座の1つ。星座の中で最も領域が広い。

みずへび座と混同しないよう注意する必要がある。なおこの2つの星座は、ラテン語綴りもよく似ている。



ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. OVA『冥王ハーデス十二宮編』第6話。
  2. 『聖闘士星矢コスモスペシャル』 217頁。
  3. 週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢アニメ・スペシャル』3、集英社〈ジャンプゴールドセレクション〉、1989年、69頁。