FANDOM


青銅聖闘士(ブロンズセイント)は、車田正美漫画聖闘士星矢』、及びそれを原作とする同名のアニメに登場する架空の人物達である。

聖闘士星矢 冥王神話』シリーズ、『聖闘士星矢 エピソードG』、『聖闘士星矢 ギガントマキア』での諸設定については、それぞれ聖闘士星矢 冥王神話#登場人物聖闘士星矢 エピソードG#青銅聖闘士聖闘士星矢 ギガントマキア#聖闘士を参照。

概要 編集

青銅聖衣を身に纏う最下級の聖闘士。基本的には白銀聖闘士の補助が任務であるが[1]音速以上の拳を持つなど、その実力は常人を遥かに凌駕している[2]。一般的な聖闘士の打撃速度はマッハ1(自分と相手との距離を3.4メートルと仮定した場合、1秒間に100発の拳を放つことが出来るとされる[3])であるが、聖闘士の優劣は小宇宙の燃焼をどこまで高められるかであり、小宇宙を黄金聖闘士の領域にまで高めれば黄金聖闘士同様光速の拳を繰り出す事が可能になる。総数は48人[4][5]。ただし持ち主不在の聖衣もありえるので常に48人存在するわけではない。

最下級と言われるが聖域には青銅聖闘士より各下の雑兵が多数存在する。その中にはカシオスなど青銅聖闘士になり損ねた者もいて音速には及ばないものの常人を遥かに凌ぐ力を発揮する。彼らも聖闘士として扱われる場合もある。

また書籍「聖闘士星矢大全」には彫刻具星座の聖闘士の存在が記されており、戦闘支援を目的とし彫刻室星座の聖闘士と共に聖衣修復の任務に当たっていたとの記述がある[6]

本項で述べる青銅聖闘士のうち、カメレオン星座のジュネを除く聖闘士はすべて城戸光政を父に持つ異母兄弟。城戸によって世界各地に送られた彼の100人の子供は、ほとんどの者たちが聖闘士になれず消息を絶つ中、5〜6年の修行を経てメインキャラクター5人を含む10人が青銅聖闘士になった。うち銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)で敗れた5人は、沙織の許可を得てそれぞれの師の下で再修行し、聖域十二宮の戦いで沙織の護衛のために再集結した。またハーデス編では冥界に向かった星矢達や黄金聖闘士に代わってシャイナの下で聖域の防衛に当たっていた。

青銅聖衣(ブロンズクロス)

聖闘士 編集

脚注 編集

  1. 『聖闘士星矢大全』、64-65頁。
  2. 『聖闘士星矢大全』、39-60頁。
  3. 単行本(ジャンプ・コミックス)1巻、109頁。
  4. 週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢コスモスペシャル』 集英社、1988年、54頁。
  5. 外伝『聖闘士星矢 エピソードG』の設定では52人(エピソードG単行本2巻、99頁)。
  6. 『聖闘士星矢大全』、77頁。

参考文献 編集