FANDOM


プロフィール
ドラゴンのシリュウ
龍星座の紫龍
Shiryu 3
階級:青銅聖闘士(ブロンズセイント)
守護星座:龍星座ドラゴン
年齢:14歳
出身地:日本
身長:172cm
体重:53kg
誕生日:10月4日
血液型:A型
修行地:中国廬山五老峰
技:廬山昇龍覇
廬山龍飛翔
廬山百龍覇
廬山亢龍覇
聖剣
声優:鈴置洋孝(初代)
櫻井孝宏(二代目)
川島千代子(幼少期)
  

龍星座の紫龍(ドラゴンのシリュウ)は車田正美漫画聖闘士星矢』及びそれを原作とするアニメに登場する架空の人物。

作中ではほぼドラゴン紫龍と呼称されている。アニメの公式表記もこちら。

来歴 編集

星矢を始めとする多くの青銅聖闘士同様、グラード財団総帥の城戸光政の非嫡出子として産まれる。光政からは認知されておらず孤児として育ち、自身も暗黒聖闘士戦まで出生の真実を知らなかった。

孤児としての境遇、暗闇の人生を切り開く強さを求め、死地への誘いとも言うべきグラード財団の求めに敢えて応え、聖闘士への道を選ぶ[1][2]。龍神伝説で名高い中国・廬山五老蜂で老師こと黄金聖闘士天秤座の童虎に師事し、5年に亘る修行の末に廬山の大瀑布をも逆流させるドラゴン最大の奥義・廬山昇龍覇を体得。大瀑布の底に眠っていた龍星座の聖衣を得て、聖闘士となる。

当初は師の教えを試すために闘いの場に臨んでいた[1]城戸沙織アテナの化身と知ってからも、幼い頃に彼女を快く思っていなかったことから、聖闘士としての務めを放棄して修行地の五老峰で生涯を終えようと誓ったこともあったが[3]、聖域での異変を知って闘いの場に復帰。誰よりも友情に厚い、正義の聖闘士として覚醒してゆく[4]

人物像 編集

性格は誠実で勤勉[5]。思慮深く落ち着いた性格であり[6]、後に聖闘士の要となり得る存在とまで呼ばれている。正義を信じることに加え、大変義理堅い性格であり、友のためならば己の身を犠牲にすることすら厭わない[7]。ただし最初の頃は、童虎から昇龍覇の弱点を指摘された際に「自分の昇龍覇を破れる者などいない」と言い張っていたり、銀河戦争の星矢との戦いでは星矢を無視して試合の場から去ろうとするなど、傲慢な態度が目立った。その頃は、童虎からも精神的な幼さがあると指摘されていた。外見上は腰近くまで伸ばした長髪が印象的[8]

童虎によって聖闘士としての闘法のみならず、「生きる」という根本的なことを教わり、孤児という境遇の中で光明を見出した紫龍にとって[1]、修行地である五老峰は聖闘士となった後でも安らぎの場所である。童虎に育てられた捨て子の少女・春麗とは幼馴染み同士であり、深い愛情を抱かれており、紫龍も彼女を通じて人間の心の温かさを認識している[2]。アニメでは童虎、春麗と共に家族のように食事をとるシーンも描かれている[9]

闘いにおいては敢えて聖衣を脱ぎ捨てるなど、敵前で自身を追い詰めて逆境の中で小宇宙を高めてゆく[4]。そのため、限界を越えた闘いの最中で出血多量や失明、挙句には仮死に至るなどの重傷を負うことも数多い。小宇宙が最高点にまで燃え上がると、が天に昇るときに発するという燐気が全身に満ち[10]、背中には一面、昇竜の姿が刺青のように浮かび上がる。本編の最終回時点では、師匠である天秤座の童虎と、命懸けの死闘を演じた山羊座のシュラの2人の黄金聖闘士の技を受け継いでいる。

聖衣 編集

龍星座の聖衣
龍の鱗のような濃緑のカラー。飛流直下三千尺と謳われる廬山の大瀑布の水に打たれ続けていたことにより、全ての聖衣の中で最高の硬度を持ったドラゴンの盾と右拳を持つが[11]、激戦の中で傷ついたり破壊されることも多い。盾は、取り外してフリスビーのように投げ、離れた敵を攻撃することもできる[12]
天馬星座の聖衣同様、自らの血や黄金聖闘士・アテナの血によって多くの進化を遂げた。その度に覆われる範囲は増していったが、龍の角と髭をあしらったヘッドギアと、左腕の盾・両肩の龍の爪は龍星座の聖衣の標準的なデザインとして進化の際にも受け継がれていった[4]。アニメオリジナルの初期聖衣も、盾と龍の爪はほぼ同様のデザインがされている[6]。また、最終的に神聖衣へと進化した際には翼部分も加わった[4]

必殺技 編集

廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)
廬山の大瀑布をも逆流させるという、紫龍最大の奥義。
完全燃焼させた小宇宙をこめ、主にアッパーで強力な拳を放つ[13]
放つ際に全身の力を込めるため、無意識に左拳が一瞬下がり、心臓がガラ空きになるという弱点があり、星矢にその弱点を見抜かれ敗れる。シュラに同様の弱点を指摘された際は、それを逆手にとって捨て身の攻撃を放っている。
また、体力の消耗が激しいときに使用すると、このパワーに全身の細胞が耐え切れず、全身の毛細血管が破れて血液が吹き出し、死に至るという。
廬山龍飛翔(ろざんりゅうひしょう)
龍の闘気を全身に纏い、自らの肉体を拳と化して相手に突進する技[13]。闘気のみを相手にぶつけることもできる。
廬山百龍覇(ろざんひゃくりゅうは)
師である童虎より受け継いだ技。無数の龍の闘気を纏った打撃を放つ。
冥界・嘆きの壁前での戦いでは、この技で冥闘士の精鋭3人を一度に倒した。
廬山亢龍覇(ろざんこうりゅうは)
相手を羽交い絞めにして、全小宇宙を爆発させて超高速で飛び上がり、上昇時の摩擦熱によって相手を消滅させる大技。しかし自分自身も摩擦熱に耐え切れずに死んでしまうため、師・童虎より禁じ手として封印するよう命ぜられていた。
山羊座のシュラに追い詰められた紫龍が起死回生の技として使用し、相討ちに持ちこんだ。
聖剣(エクスカリバー)
シュラの魂より受け継いだ技。シュラのそれと同じく、鋭い手刀でどんなものでも真っ二つにする。紫龍が小宇宙を最大限にまで高めることで、初めて使用することができる。
当初は聖剣は右腕に宿っているとされたが、冥闘士ゴードンとの闘いでは、左腕が「聖剣」と呼ばれている[14]。このためOVA『冥界編後章』6話ではシュラは左腕に聖剣が宿っていると述べるが、『冥王ハーデスエリシオン編』第1話では、この場面は右腕に再訂正されている。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 単行本2巻(ジャンプ・コミックス)、97頁。
  2. 2.0 2.1 単行本9巻、84頁。
  3. 単行本8巻、20頁。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 『聖闘士星矢大全』 44-46頁。
  5. 車田正美浜崎達也聖闘士星矢 ギガントマキア 血の章』 集英社ジャンプ ジェイ ブックス〉、2002年、63頁。ISBN 978-4-08-703123-2
  6. 6.0 6.1 週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢アニメ・スペシャル』 集英社〈ジャンプゴールドセレクション〉、1988年、92-93頁。
  7. 週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢アニメ・スペシャル』3、集英社〈ジャンプゴールドセレクション〉、1989年、100頁。
  8. 聖闘士星矢 ギガントマキア 血の章』、53頁。
  9. テレビアニメ第22話。
  10. 単行本3巻、142-143頁。
  11. 中国の古事成語『矛盾』に由来(週刊少年ジャンプ特別編集 『聖闘士星矢コスモスペシャル』 集英社、1988年、31頁。
  12. 単行本6巻、115頁。
  13. 13.0 13.1 『聖闘士星矢コスモスペシャル』、213-215頁。
  14. 単行本26巻168頁。直前の135頁、136頁では、右腕で手刀を放っている。

参考文献 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki